Bass
アーティスト
水橋GON孝

ジャズ



ベース

水橋孝(BASS) 1943年3月2日生まれ 独自のテクニックと楽才に恵まれ,日本はもとより、アメリカ、ヨーロッパのミュージシャンの間で評判が高い。 世界的レベルの日本人ベーシストであり、水橋孝というよりも”GON.MIZUHASHI”のほうが通りがよい。(GONとは彼のニックネームである。) GON MIZUHASHIを有名ならしめたのは、バッキングの正確さとともに、SOL...

水橋孝(BASS)

1943年3月2日生まれ

独自のテクニックと楽才に恵まれ,日本はもとより、アメリカ、ヨーロッパのミュージシャンの間で評判が高い。
世界的レベルの日本人ベーシストであり、水橋孝というよりも”GON.MIZUHASHI”のほうが通りがよい。(GONとは彼のニックネームである。)
GON MIZUHASHIを有名ならしめたのは、バッキングの正確さとともに、SOLOにおけるADLIBにみせる才能が抜きん出ているためであり,コラボレーションを崩さずに十分に自己を表現する能力と技量が何よりも高く評価されていることである。

水橋のことを『日本人の最もソウルフルな男』と称したのはハービー・ハンコックで、ハービーはGONのブルースフィーリングの素晴らしさを賛えて『BLUES FOR GONSAN』の1曲を彼に与えた。また、BASSの巨人ロン・カーターは、一緒のステージで共演した際、非常に感動し、水橋をステージの袖で待ち受け『YEAH!WONDERFUL MEN』と言いながら、水橋の手を大きな両手で握り締め、周囲を驚かせた。そして水橋のベースを『世界中で一番自分の音楽を持つベーシスト』と評して、ミッキー・タッカーは、レコーディングのために自費で水橋をニューヨークまで呼び寄せた。
この他、アーチー・シェップは彼と三ヶ月に及ぶ、ヨーロッパのコンサートツアーのメンバーに招聘したことなど、GON MIZUHASHIの技量を求めて、グループ参加を誘う人々は枚挙にいとまがない。

日本国内においての活動としては、渡辺貞夫氏、日野晧正氏を始め、超一流から一流といわれる総てのミュージシャンとの共演がある、数少ない実力派ベーシスト。
また、ドラムのジョージ・川口氏とは、「ジョージ・川口&BIG4」の頃から、現在の「BIG4+1」にかけ、四半世紀以上に渡り共に活動しており、正に、ジョージ・川口氏の片腕的存在である。

現在は自己のトリオ、クヮルテットでコンサート活動中。年に1度の「クリスマス・チャリティライブ」も今回9回目を迎える。
その収益金は(財)日本ユニセフへ委ねている。

ジャパン・ベース・プレイヤーズ・クラブの会長を16年間務めている。(2006年現在)

最新情報は登録されていません

http://www.gon3.com/index.html

以下外部サイトに移動します。ブラウザーの戻るボタンで当サイトに戻ることが出来ます

外部サイトに移動。ブラウザーの戻るボタンで。

トップに戻る


今後のライブ情報

Dec Bass
13 Gon様と美女達
Fri
19:30 Bass 水橋GON孝 (Ba) Img 0918 橘川円 (Vo) Ami 2 阿見紀代子 (Vib) 神多恭子(p)
Caldown
Amisbar Ami's Bar 東京都練馬区
Dec Bass
18 山見慶子トリオ
Wed
20:00 山見慶子(Pf) Bass 水橋GON孝 (Ba) Madocaphoto 正木まどか (Vo) 金井塚秀洋(ds) ゆう(vo)
Caldown
Izumi Piano Bar IZUMI 東京都港区
Dec Bass
22 水橋孝(bass) クリスマスライヴ
Sun
15:30 Bass 水橋GON孝 (Ba) Charitol チャリート (Vo) 川嶋哲郎(tenorsax) 市川秀男(piano) 村上寛(drums)
Caldown
J JazzSpot J 東京都新宿区
ライブ情報を全て見る...