Image01
アーティスト
ジーン・ジャクソン

ジャズ


日本 米国

ドラムス

世界中のジャズ演奏家はドラマー、Gene Jacksonの才能と表現力豊かな演奏をご存知でないかと思う。 Roy Haynes, Philly Joe Jones, Elvin Jones, Billy Higgins, Tony Williams 達のドラミングの影響を受けつつ、ジャンルにより彼はその演奏スタイルを変えていく。 アフリカン、ラテンからクールに至るまで彼のリズムの広大なレ...

世界中のジャズ演奏家はドラマー、Gene Jacksonの才能と表現力豊かな演奏をご存知でないかと思う。
Roy Haynes, Philly Joe Jones, Elvin Jones, Billy Higgins, Tony Williams 達のドラミングの影響を受けつつ、ジャンルにより彼はその演奏スタイルを変えていく。
アフリカン、ラテンからクールに至るまで彼のリズムの広大なレンジは15歳で音楽家として活動を開始以来多くの著名な演奏家達から数限りない推薦を得て演奏する機会を得てきた。

彼は1961年10月16日ペンシルバニア州ウェストフィラデルフィアで生まれた。
一家の唯一の子供として彼の保護者の孫である ドラマーGreg McDonald に助けを得て音楽に集中していった。
「Gregが素晴らしい演奏家達で成るバンドでのリハーサルをしていて、早い時期からその影響を受けていった」と彼はいう。

ドラムスティックを手にして以来プロのドラマーになるという野心を持っていた彼は1979年ボストンの著名なバークリー音楽大学に進学する。バークリーで5年を過ごす間に、Walter Beasley, Branford Marsalis, Mark Whitfield, Monty Croft, Donald Harrison, Cindy Blackman, Terri Lynn Carrington, Billy Kilson, Jeff "Tain" Watts, Marvin Smitty Smith, Cyrus Chestnut, Danilo Perez, Dave Kakowski, Jovan Jacksonなど枚挙にいとまがない数の仲間や同僚から頼られる存在になっていく。

この時期、彼はサクソフォーン奏者であるBranford Marsalis と同じアパートで同居しており同氏との親交を深めている。Branford がニューヨークに移った後は、ドラマーであるMarvin "Smitty" Smithが彼のルームメートとなる。

すでにキャリアを積み上げていたが、彼のバークリーでの繋がりからJeff "Tain" Watts・ボーカリストのLenora Helmが彼をギタリストであるKevin Eubanksに推薦したことにより転機が訪れる。

ボストンに在住のままKeven のレコーディングとツアーに参加した後、彼との演奏を続けるため1987年にニューヨークに移る。「Kevin Eubanks と仕事を共にしたことがキャリアの飛躍の転機だった」と彼は言う。

多くの演奏家とプレーを共にし、彼は、様々なスタイルで演奏をする能力を得ていく。
「音楽家として生き延びていくために必須である様々な状況に順応する方法を若い時期に学べた」と彼は言う。「事前に指示された音楽の方向性に逆らってもその瞬間の音楽そのものについていく事が音楽的充足感に繋がるとわかった」と。

彼のこの能力は、Dianne Reeves, Christian McBride, Hugh Masekela, Cyrus Chestnut, Greg Osby, Terence Blanchard, Andrew Hill, George Coleman, Steve Turre, Chico and Von Freedman, Don Patterson, Elvis Costello, Art Farmer, Mark Ledford, James Williams, Carla Cook, Craig Harris, Dave Kakowski, Conrad Herwig, Gonzalo Rubalcaba, Claudio Roditi, Donald Brown, Joe Lovano, Billy Childs, Joe Locke, Craig Handy, Michele Rosewoman , The Scream Headless Torsos , Anthony Cox, Lonnie Plaxico, Steve Slagle , The NDR Big bandなど数々の演奏家達とレコーディングし、ツアーする際に反映され、The Herbie Hancock Trio/Quartet による最新のPOST BOP SWINGINGとなる演奏活動においてWayne Shorter ,Dave Holland と共演した事が彼の演奏歴の一つの頂点であったと彼は述懐する。

親友でありドラマーであるTerri Lynne Carringtonから推薦され Jackson は1991年秋より Herbie Hancock と共演をはじめThe Herbie Hancock & Wayne Shorter Quartetのツアーに参加した。その後彼は2000年まで Herbie と共に歩む。このグループでの正式記録は無いが、Jackson曰く、「ジャズ史における最も熱いグループの一つだった。それは、自分が参加したからと言うわけではなく、Herbie Hancock がベーシスト Dave Holland と共に音楽に持ち込んだ熟練の技と科学的技巧によるものと思う。何年間も毎晩繰り広げられる魔法に立ち会えたことを誇りに思う。今だに正式記録に残されていない事が信じられない」と。
Herbie Hancock のグループは、1993年から2000年の間世界中をツアーし、その間沢山のメンバーチェンジがあったが、Gene は常にドラマーの席に座り続けた。1993年から95年の間、Herbie Hancock Trio は、グルーブの骨太ベーシスト Jeff Littleton にスポットライトを当てた。次の Trio (95年から96年)は、熟練のベーシスト Dave Hollannd と共にした。このグループは伝統的なジャズトリオの境界線を突破した。この間、Gene は Dave Holland との音楽的親交を深めた。その後、Gene は、Dave Holland のバンドでのツアーと録音を開始する。

1996年、Herbie Hancock Trio は、サックス奏者 Craig Handy を迎え Herbie Hancock Quartet となる。音楽の枠をさらに広げながら、このグループは世界中をツアーした。1997年、Dave Holland が自分のグループでの活動に集中するためこの Quartet を離れ、ベーシスト Kenny Davis が代わりに加わる。Dave Holland とHerbie Hancock 双方のスケジュールに合わせツアーする事が困難になり、Dave Holland バンドのドラマーの席を友人であり発想の天才である Billy Kilon に譲る。その後2000年2月まで、Gene は、The Herbie Hancock Quartet でのツアーを続ける事となる。

Gene は、この充実したキャリアを重ねる間隙にも、様々な場面での演奏を続けた。Hancockとの演奏が無い時間、Michele Rosewoman's Quintessence, Robin Eubanks Mental Images Group, Jorge Sylvester音楽大学, The Mingus Big Bandのメンバーとなった。
1999年以来、Gene は世界の様々なプロジェクトに参画する。テナーサックス奏者であるGary Thomas の作品と演奏をフィーチャーし、作曲家・編曲家であるPeter Herbornなど様々な指揮者のもと独NDR Big Bandとともにツアーし録音する沢山の機会にも恵まれた。
2000年におけるハイライトは、モントリオールジャズフェスティバル2000におけるClark Terryをフィーチャーした出演、それからグラミー候補となったボーカリスト Carla Cookともに花形サックス奏者でありボーカリストでもある Lance Bryant のアレンジによるラジオ番組出演であった。

Gene は、又、ドイツ随一のテナーサックス奏者 Christof Lauer と共に録音とツアーをした。そのアルバムは2000年にリリースされドイツのジャズ部門トップアルバムとなった。同録音には、フランスのチューバ奏者 Michelle Godard, ギタリスト Marc Ducret, ベーシスト Anthony Cox が参画している。

Jackson とその盟友であるフィラデルフィア出身のベーシスト Christian McBride は、1999年ワシントンDCの Kennedy Center で開催された Thelonious Monk Institute of Jazz Piano Competition においてリズムセクションを務めた。偶然にもコンテストの優勝 Eric Lewis、準優勝Orrin Evansは共にフィラデルフィアエリア出身のミュージシャンであった。

2001年の米国外での Gene の主な活動としては:The Mingus Bid band の一員としてスイス、フランス、ドイツのツアー、The Orrin Evansトリオの一員としてイタリア、シシリア、スペイン、マルタのツアー、ボーカリスト Claudia Acuna とのフィンランドでのライブ、ミュージカル「Fire at Keaton's Bar and Grill」のイギリス(ロンドン、マンチェスター)、オランダ(ロッテルダム)公演のレビュー。Gene はまたイタリアのジャズピアノ第一人者 Antonio Farao と共にスイス、イタリア、ドイツをツアーしている。このバンドの録音は 2002年頃リリースされている。

Gene はこの頃ベテランベーシスト Stafford James とウイーン、ブリュッセル、フランクフルトをツアーし、フランス・パリでラジオ放送された。このバンドはドイツ・ケルンの WDRスタジオで収録し、どう録音は 2002年頃リリースされている。

Gene はサックス奏者 Sam Newsom, トロンボーン奏者 Conrad Herwig, トランペット奏者 Alex Sipiagen, テナーサックス奏者 J.D. Allen, ピアニスト Orrin Evans とも録音しており2002年にリリースされている。

現在では、演奏や録音が無い期間は、Gene はニューヨーク市 Queens College の、The Aaron Copland School of Music にて個人レッスンを行っている。

Gene は、長年ニューヨーク州Rochester のDrummers Collective にてワークショップや個人指導を行なっている。海外でも同様に指導にあたっており、デゥッセルドルフのDrummers Institute, ハンブルグの Musik-hochschule, ハンブルグの Folkwang-hochschule 等特にドイツに行く機会が多い。オーストリアのアルプスで毎年行われるProject Outreach と呼ばれる非常に成功している催し でも指導にあたっている。

教師として指導にあたり後進を育てる仕事に Gene は誇りを持っている。「生徒が疑問に思っていたことを全て解決する事に役立ったと感じる時が特に嬉しい」と Gene は自身の教師としての役割について述べている。Gene の発展に重要な役割を果たした師はGreg McDonald, Robert Zollman, John Ramsey, Lenny Nelson, Alan Dawson, Sam Ulano である。
(以上英文オフィシャルHPより、nowonmusic にて和訳)

最新情報は登録されていません

http://www.genejacksonmusic.com/index.html

以下外部サイトに移動します。ブラウザーの戻るボタンで当サイトに戻ることが出来ます

外部サイトに移動。ブラウザーの戻るボタンで。

トップに戻る


今後のライブ情報

Mar Image01
1 デイビット・ブライアント(p)3
Sun
19:30 デイビッド・ブライアント(Pf) Image01 ジーン・ジャクソン (Ds) 3高橋陸(b)
Caldown
Sometime logo サムタイム 東京都武蔵野市
Mar Image01
3 ひな祭りスペシャル《木住野佳子トリオ》
Tue
20:00 木住野佳子(Pf) Image01 ジーン・ジャクソン (Ds) 早川哲也(b)
Caldown
Body3 ボディアンドソウル 東京都港区
Mar Image01
7 大野えり(vo)デイビット・ブライアント(p)米木康志(b)ジーン・ジャク...
Sat
19:30 大野えり(Vo) Image01 ジーン・ジャクソン (Ds) デイビット・ブライアント(p) 米木康志(b)
Caldown
Sometime logo サムタイム 東京都武蔵野市
ライブ情報を全て見る...